本文へ移動

漏水調査業務

漏水調査業務

今は小さな漏水でも、やがて必ず大きくなっていきます。漏水を放置しておきますと、無駄な水道料金の支払い、給水不良、家屋への浸水、道路陥没等の二次災害の発生等の問題を引き起こします。
私たちは、見えない場所の漏水でも、様々な調査方法で突き止め、貴重な水資源の損失を防止します。
戸別音聴調査
弁栓音聴調査
弁栓音聴調査
路面音聴調査
相関調査

水素/窒素混合ガス式漏水探索機による宅内漏水調査①

宅内漏水においては、様々な要因により、音聴棒や漏水探知機による探索が困難な場合があります。このような現場では、「水素/窒素混合ガス式漏水探索機」を使った調査を行います。
この調査の特徴は、不燃性で安全な水素5%/窒素95%の混合ガスを配管に注入し、漏水を検出するもので、音聴棒や漏水探知機による調査と違い、環境音(通行車両、周辺の騒音等)に全く左右されずに漏水箇所を検出できます。
今回実施した現場では、詳細な配管図がなかった為、配管経路を予測しながらの調査でありましたが、無事に漏水箇所を特定することができました。
ガス注入状況
水素/窒素混合ガス
漏水探索状況
某公民館の漏水調査です。漏水探知機や音聴棒による音聴調査で発見した漏水箇所の修繕だけでは水道メーターのパイロットが止まらず、水素/窒素混合ガスによる漏水探索を行いました。この時の漏水量は1ℓ/分未満と少量で、また、調査範囲が広く難しい調査ではありましたが、無事に発見することができました。
水素/窒素混合ガス
ガス注入状況
漏水探索状況①
漏水探索状況②
漏水探索状況③
漏水箇所発見
0
1
1
4
0
0
TOPへ戻る