本文へ移動

太陽光発電設備保守点検業務

太陽光発電設備は、設置後メンテナンスフリーとうたった自動運転の為、故障に気づきにくく、発電の不安定さは、それが季節要因なのか、システムの故障によるものなのか判別するには、難しいものがあります。また、遠隔監視では発見できない軽微な不良や事故(火災等)防止の為には、発電所での設備点検が必要となります。
点検内容は主に、電圧・電流・抵抗等を測定し、ストリングス、モジュールの点検、遠隔監視装置の通信状況、架台の異常の有無等を行います。
弊社では、平成28年2月より太陽光発電設備の保守点検業務を開始し、現在、発電所内で異常が発生した際の緊急対応業務を行っております。
0
1
1
4
0
0
TOPへ戻る